板金

○○○○○○○○イメージ

「 面修正 」

公差に入らない部分を板金技術にて面修正を行います。お取引先様の品質基準に適合させます。

 


○○○○○○○○イメージ

「 2次加工 」

台数の少ない試作品は金型費用の削減の為に、板金技術で成形が可能な範囲は金型は作りません。

長年の板金技術にて製品を提供いたします。

 


○○○○○○○○イメージ

「 外装品  」

外装品は板金メーカーの腕の見せ所でもあり、一番重要な仕上げを行う製品です。特にクロームメッキ仕上げの

製品に関してはメッキ上りが左右されます。

 


○○○○○○○○イメージ

「 外板 絞り加工 」

台数の多い試作に関しては金型工程を増やし、極力仕上げのいらない金型を製作しますが

ショーモデルや先行開発モデルなどの外板製品に関しましては絞り加工を行うことで

金型費用・納期の短縮を図れます。

*写真は絞り直後で未仕上げ写真です。最終仕上げを行い最終検査を行います。